パッティングの重要性について

ウッドやアイアンのように派手な見た目とは違い、グリーンの上をただボールを転がすことだけを目的にしたパターは、イメージとしては地味なのかもしれません。実際、ゴルフをある程度やっている人でも、ドライバーやアイアンの練習は乗り気がするのに、パットの練習となると乗り気がしないという人は多いものです。

しかし、ゴルフの世界では「パット・イズ・マネー」と言われるほどパッティングに重きが置かれています。
プロの試合を見ても分かるとおり、最後の勝敗を分けるのはパットの技術であり、それの如何によってはスコアが大きく変動するのです。
そのようなゴルフをプレイするに当たって非常に重要なパッティングについてここでは触れておこうと思います。

パッティングの仕方の基本は、まずボールを目の真下、あるいは左寄りに置くところからスタートします。
テイクバックとフォロースルーのスイング幅はほぼ同じにし、余計な力は抜いておこないます。
またボールを打つときにはただパターのヘッドに当てるだけではなく、ロフトをきちんと使うことで、しっかりと球を捉えることを意識しましょう。

パッティングは、ウッドやアイアンのように飛距離を稼いだ後のスコアに伸び悩んでいる人にこそ必要な技術です。
一度丁寧に練習してみるのもいいのではないでしょうか。