ドライバーショットでのフォロースルーの重要性

ドライバーを打ち終わった後のフォロースルーにまで注意を払えるようになれば上達への道はより短くなります。
ただただドライバーショットを漫然と繰り返しているようでは、いずれ壁に当たることになります。
ここで重要になってくるのがフォロースルーで、これをうまくコントロールすることができれば、球筋をコントロールしやすくもなるので、ゴルフのレベルを次のステップに持って行きたい場合はこのフォロースルーのマスターが必須になります。
ではここで、フォロースルーについての説明をしておきたいと思います。

ドライバーでのフォロースルーは、クラブをボールに当てるところでスイングを終わらせるのではなく、その後、つまりインパクトの後もしっかりとクラブを振りぬくイメージでスイングすることが大切です。
ボールに当てることを目的にしてしまうと、インパクト時に減速してしまいがちなので、そうではなく、ボールはただの通過点だと思って振り切るとよいでしょう。

加えて、さらに飛距離を伸ばしたいときは大きなフォロースルーをする必要があります。
インパクトの瞬間、さらにスイングを加速させ、右腕を伸ばすことで大きなスイングアークを作るのです。
フォロースルーのイメージは目標にクラブを投げ出す感覚でするとよいでしょう。