ドライバーショットで注意することについて

ドライバーショットを練習際に注意しておきたいことがいくつかあります。
今のスコアに満足できていない方にはぜひともこの注意点を意識しながら練習していただきたいと思います。
間違ったフォームのまま練習を重ねるとスコアの伸び悩みに留まらず、筋肉の損傷や姿勢を悪くする可能性もありますので注意しましょう。
ここではドライバショット上達のための注意点を何点か説明しておきたいと思います。

まず、初心者の方が陥りがちなパターンに飛距離をとにかく遠くへ飛ばそうとする点にあります。
アマチュアの大半の人はできる限り遠くへ飛ばすことを目標にドライバーショットを打つわけですが、これですと打球のコントロールが聞かずに思わぬほうへ打球が行ってしまう可能性があります。
また、そのために次のショットに繋げにくくなるので、遠くへ飛ばすよりも次が打ちやすい場所、次のショットに繋げやすい場所を狙うようにすると良いでしょう。

他に上げるとすれば、ドライバーはほかのクラブとは違う性質を持っているということを理解するべきだ、ということです。
特に最初のうちは7番アイアンでの練習をする人が多いために、ドライバーの使い始めは多くの人が違和感を感じやすいのです。
最初のうちはドライバーのコツをつかむには他のドライバーと交互に使うのが一つの方法ですので試してみるのも良いでしょう。