ドライバーショットを上達させるには

ドライバーショットだけでなく、スイングの際のコツはリラックスしてむやみに筋肉を硬くしないことです。
ゴルフ慣れをしていない初心者の方やアマチュアの方は、体に力が入りすぎて本来インパクトに繋げるべき力が分散し、スイングがうまくできなくなる傾向があります。
とはいえ、逆転の発想をすれば出来ていないという事は、出きるようになればそれだけ伸びるということなので、ここではドライバーショットの際のコツを紹介しておきたいと思います。

初めに、ドライバーはモノによって飛距離が全く変わってくるので、どういった種類のドライバーが基本性能としてどれだけの飛距離を持っているかを把握することから始めましょう。
次に、自分のパワーの有る無しを把握することで、ここでもまたどのようなドライバーを使うのかが変わってくるので、自分にあったものをきちんと選びましょう。

最後にドライバーショット時のコツですが、力の分散を防ぐには一連の動作の流れをスムーズに行い、必要最小限の動きでインパクトまで持っていく必要があります。
具体的にいえば、腕はしっかりと固定、体の回転を最大限に利用してショットすることがポイントになります。
とはいえ、慣れないままこれをやろうとすると、どうしても体の軸が安定せず、うまくいきません。
しかし諦めずに、何度も練習を積み重ねることが大切です。