スイングを上達させるには体を上手に使う

ゴルフは一見すると軽いスポーツのように見えます。確かにそれはある意味正しいのですが、ゴルフをよく知らないうちは、その先入観が先走り、体の一部だけでスイングをしてしまいがちになります。

しかし、実際のところゴルフというのは体全体で行うスポーツです。手打ちとなったスイングと、体の体重がしっかり乗ったスイングを比較して、ボールの飛距離は大きく変わってきます。
このことを意識して練習をすると上達のスピードが上がることでしょう。
力に任せてクラブを振り回すのではなく、体全体の筋肉をうまく使ってやることで思い通りのゴルフができるようになるのです。

スイングをする際、フォームやグリップ、アドレスなど様々な部分に意識を向けなければなりませんが、これに加えて利き腕の方向に意識を向けて体重の移動をコントロールしてみると良いでしょう。
この体重移動は、タイミングが非常に重要なファクターで、力の方向とインパクトの瞬間が歯車のようにかっちりとかみ合うことで、ものすごいパワーを引き出すことができるのです。

とはいえ、これも「ああ、わかりました」と言って簡単にできるものではなく、厳密な体重移動と言うのはプロとアマの間に立ちふさがる1番の壁だといわれているほどの難易度の高い技術です。
実際にプロとアマの体重移動時に足にかかっている力を計測したところ、2倍近くの差があることが分かっています。
コツをつかむまではかなりの練習量が必要ですので、ゴルフ番組やDVDをみて研究すると良いでしょう。