インターロッキングというゴルフでの握り方

数多くいるプロのゴルフ選手が使っている握り方でインターロッキングという方法があります。「プロが使う握り方というと初心者には難しいんじゃないのか?」と思ってしまうかもしれませんが、このインターロッキングという握り方はオーバーラッピングと並んで初心者にも扱いやすい握り方になります。この方法の利点としては、クラブを握るとしっかりと握ることが出来やすいという上に、しっかりと手首を固定することが出来ます。手首を固定できると方向も定まりやすいので、腕力があまりない方にもお勧めできる握り方なのです。

インターロッキングは両手の握力が弱い人でもしっかりホールドできるとされている握り方で、右利きの場合、右手が下になり左手が上に来るように握り、左手の人差し指と右手の小指を組み合わせるように握ります。また、この握り方は両手の一体感にくわえ、グリップを握っている手ごたえが感じやすく、力が入れやすいので女性にも向いている握り方です。

ゴルフなどスイング系のスポーツではボールのインパクトの間隔が大事ですから、いかに早く自分に合った握り方を見つけるかということがとても重要になるのです。

しかし、このインタークロッキングには注意点があります。この握り方は指を絡ませて握るやり方なので、指を痛めてしまう可能性があるのです。ゴルフの初心者の方は、握り方のひとつとしてインタークロッキングを覚えておいて、自分に合うかをきちんと確かめた上で採用するかどうか決めると良いでしょう。
無理な握り方をすると指を痛めてしまうため、最初はコーチなどに見てもらいながら練習をする方がよいでしょうね。