ゴルフのアドレスやスタンスをマスターする

ゴルフの初心者方が抱いてしまいがちな悪い癖に、手打ちになってしまうということがあります。
ゴルフを始めたばかりに頃は手の振りだけで打とうとしてしまうことで、手打ちがクセになってしまうのです。

この手打ちというのは厄介なもので、なまじ体力や腕力がある人ほど手打ちになってしまいがちで、自分で「体全体を使って打っている」と思っていても、実は手打ちになっているということはよくあることです。自分のスイングをVIDEOなどで客観的にみれば一発でわかるものの、普通はなかなかそこまでできません。この辺りは独学で何かを始めようとするときのネックになる部分だったりします。

さて、この手打ちの原因ですが、これはきちんとしたアドレスやスタンスを習得していないことです。
ゴルフのスイングは回転運動ということをきちんと理解している必要があります。
回転運動は軸をしっかりともったスタンスとアドレスに支えられており、この二つによってスイングの基盤となる姿勢と構えがきっちりと形成されているからこそ、安定し、かつスムーズな回転運動=スイングが成立するわけです。
ですので、まずはスタンスとアドレスをきっちりと習得しましょう。

ところでこのスタンスとアドレスは、ボールやクラブの種類、目標地点までの飛距離に地面の傾斜と、様々な要素によってその都度変わってきますので注意が必要です。
ゴルフを始めたばかりの人は、まずはスイングの軸がぶれないようなアドレスやスタンスを見つけるようにしましょう。